※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

噂の二人

あいつらは犬猿の仲だ。
そう囁かれる二人のことを、田中はよく知っていた。
 この小中一貫校で、彼らのことを知らないクラスメイトはいない。
 尤も、九年の間、クラス編成は行われないのだから、知らない者が
居るわけがないのだが。
だが、幼稚園から二人と一緒の田中は、彼らを他の連中よりも、はるかに熟知していた。
 幼馴染と呼ばれる間柄で、家族ぐるみの付き合いもないわけではない。
だから、他のクラスメイトなんかと一緒にされては困る。
田中は誰よりも二人のことをよく知っている。
山田は派手な外見のお調子者で、いつでも馬鹿騒ぎをしている。
だがしかしクラスメイトの人望も厚く、その騒々しさによってクラスが良好な雰囲気に
保たれていることもまた事実であった。
そして佐藤。彼は頭はいいが、少し面白みがない。
頭が固く、少しのルールも、改竄することは許さなかった。それは掃除だろうが日直だろうが同じだ。
こうと決まったルールは、決して崩すことなくその任務を全うした。
その所為かクラスに溶け込めてないとでも言うのだろうか、とにかく佐藤は、
少々浮いた存在だった。そんな事情から、対極に立つ二人が、仲良くお手々繋いでお友達になれるわけなど、なかった。
佐藤は山田が嫌いだ。山田もまた然り。この関係は、わざわざ説明するまでもなだろう。
だが、根底ではこの二人はよく似ていると、田中は知っている。
まず、交互に田中の家にやってくる。
互いのスケジュールを綿密に調べ、その結果、相手が田中の家に来ないと知るとやってくる。
が、その偵察も失敗することがあるらしく、そんな日は観念したように二人そっぽを向いて
田中の自室に居座った。今日は「失敗」したらしい。

「おい、仲良くしろよ。週の初めから気分悪ぃ」田中はコンビニで買った週刊誌を読みながら、言った。
二人は互いの視線を合わせることなく、田中の自室に座り込んでいた。
「おいってば。仲良くしろって」
『だってこいつが……!』二人揃って同じ言葉を発する。と同時に、互いに口をつぐみ、
プイと視線を逸らす。
まったくよく似ているものだと思う。田中はにやりと笑うと、二人に背を向けた。
この二人はよく似ている。
何故この家に来るのか、田中はよく知っていた。
小さな頃から”犬猿の仲”とレッテルを貼られてしまった対極に立つ二人。
互いにプライド高く、周囲が持ったイメージを完璧に演じなければ気がすまない、
素直ではない二人。
山田が派手顔に似合わず本当は人見知りなのも、佐藤にも本当は自堕落な部分が
多々あることも、幼稚園から二人と一緒の田中はよく知っていた。
そして、人の要望に忠実に応えるその律儀な性格も。
頭のいい佐藤は、先生たちの期待に応える生徒を。
クラスメイトのまとめ役は山田が。
案外この二人の存在で、クラスは上手い具合にいっているのだ。
「ちょっと俺、彼女のところに行ってくるわ」
『なんで!?』
二人の質問には答えることなく、田中は財布と自転車の鍵を持つと部屋を出た。
「別に。いってきま~す」にやりと笑って扉を閉じた。
あいつらは犬猿の仲だ。
そう囁かれる二人のことを、田中はよく知っていた。
だが、二人が同じ時間を共有する小さな可能性を求めて、
わざわざ毎日田中の家にやってくることもまた、よく知っていたのだった。