※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世界の恋人

「千早…お前、何で」
「風邪ひいたって聞いたから、お見舞いに来てみたよ」

弱冠24歳ながら、世界をまたにかけて活躍する名ピアニスト・神崎千早。
そのコンサート当日。風邪をひいて布団にこもる俺のもと、勝手に鍵を開けて勝手に部屋に上がり込んだ突然の訪問者は、まさにその神崎千早その人だった。

「来てみたって…お前、だって今日コンサートだろ!?開演まであと一時間しか――」
思わず身体を起こしかけ、くらりと視界が揺れる。俺の頭を撫でながら、千早は呆れたように言った。
「熱があるくせに、大声出すからだよ」
「誰のせいだよ…」
あはは、ごめんと悪びれた様子のない口ぶりで千早は笑う。
「でも、本当に心配だったんだよ。ちゃんとあったかくしてるかとか、ちゃんと食べてるかとか。悠也はそういうとこガサツだから」
「悪かったな」
「まったくだよ。おかげで僕はこのあと、マネージャーに怒られる」
でも、と息をつき、千早は続ける。
「君が心配で演奏が手につかないなんてことになったら、マネージャーはもっと怒る。悠也だって怒るでしょ?僕はそんなのごめんだから」
君にネガティブな顔をさせたくないんだよ。
笑う千早に、俺は謝る以外の言葉を持たなかった。
「ごめん…千早」
「謝らないで、心配するのもこうやって会いに来るのも当たり前でしょ?僕は君の恋人なんだから」
――本当は“世界の”が理想だったんだけどね。
やっぱり笑顔で言われた台詞に憎まれ口で返しながら、俺も笑った。
「もう行かなきゃ。ちゃんと休んでね」
「ああ」
「君が元気になったら、もう一度コンサートを開くよ。…君の為だけに」
「…ああ」

ありがとう。
俯いて呟いたら、千早がまた笑ったのが分かった。