※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

許させて

毎週末、お前は死んだ恋人の墓に行く
その手の中は花束だったり、恋人の好きだった煙草だったり、お菓子だったり。
そうして、朝早くから日が暮れるまで、何をするでもなくぼんやりと墓の前で紫煙を燻らせる。
そろそろ、一年が過ぎる。
彼の死因はなんだったっけ。
そうそう、お前と喧嘩して、マンションから飛び出して、信号無視の車にはねられたんだっけ。
しかも喧嘩の理由ってアレだよな。恋人の誕生日忘れてたって男の癖に女々しい理由。
ほんと、お前も恋人も馬鹿だ。どうしようもない死に方だよなあ。
朝から晩まで、墓の前でめそめそして、何度も何度も同じことを謝って。
なあ、お前の事、ずっと見てる奴がいるんだけど。
恋人が死んでから、ずっと傍でお前の事支えてた奴がいるだろ?
もうさ、そろそろ死んだ恋人の事は忘れてみないか?
後ろばっかりみるのはやめて、隣とか見てみない?
死んだ恋人と違って、料理も上手だし気もきくしさ、超オススメ物件なんですけど。

ほら、もう日が暮れる。さっさと帰れよ。
「じゃあ、また来週来るから」
もう来なくていいんだってば。
「………ごめんな」
だからさ、別にもう怒ってないんだって。
お前もすげー苦しかったんだろ?
だから、もういいんだって。
可愛い女の子と結婚して、子供を作って幸せな家庭つくれって。
「ごめん…」
頼むよ、もういい加減、お前の中の俺にお前の事許させろよ。