※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ん?」

「なーなー、聞いてんのかよ」
「ん?」
「だから!明日の最終の夜行列車!発車時刻はわかってるよな?」
「ん」
「なにその適当な返事。ホントにわかってる?」
「最終」
「そうだよ最終列車だよ!でもなんか今の言い方ですげー不安が増した!逆に!」
「ん?」
「今の、耳に入ってきた単語を適当に繰り返しただけだろ?アンタやる気あんの!?」
「ああ」
「その『ああ』はどっちへの『ああ』だよ!」
「後者」
「本から目ぇ離さずに言われても、全然説得力ねーんですけど!?」
「ああ」
「だから『ああ…』じゃねえっつーの!自覚してるんなら改善しようぜ改善!」
「ん」
「心こもってねえ……いいやもう。とにかく!明日の最終の夜行列車だからな!」
「ん」
「発車時刻は二十二時、五十三分!脳髄に刻み込めよ!?」
「ん」
「あーもー…知ってるけどな!アンタの性格が万事柳に風だって!くそー。……その本、面白いかよ」
「ああ」
「ほんっと、いつもいつでも、動じねえよな。……ったく」
「……」
「……なあ。アンタが三度の飯より何より本が好きなの、よーく知ってるけどさ」
「ん」
「そうやって、でもちゃんと俺の話聞いてくれてるのも、わかってるけどさ」
「……ん?」
「わかってるけど、やっぱ不安になるんだよ……なってもいいだろ、こればっかりは」
「……」
「明日の、最終の夜行列車」
「……」
「一度きりなんだ。失敗したら次は無い。わかってるのかよ」
「……ああ」
「やっと顔上げやがった。おせえよ、バカ」
「分かってる」
「本当にわかってんの?捕まったらアンタもタダじゃ済まない」
「分かっている」
「風に逆らうどころか立ち向かう柳の木なんて、聞いたことねえよ」
「そうだな」
「……。ここの本、全部置いてって平気なのかよ……本の虫の癖に……」
「構わない」
「本当に?」
「ああ。明日の最終の夜行列車、二十二時五十三分発」
「うん」
「必ず駅で待っているから」
「……ん」
「大丈夫、私達はずっと一緒だ」