※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

滅びを予感する軍師

彼は暴君だった。
欲望のままに全てを欲しがり、手に入れたものを飽きては捨てる。
軍師である私は、この国を正しい方向に導く役目にも関わらず、国王の暴走を止められないまま国は荒れていくばかりだ。

この国はいずれ滅びる。
その責任は誰にあるのか、彼の欲しがるままに与えた私か、全てを欲しがり捨てる彼なのか。
いくら頭を悩ませようが、この国が母なる大地の怒りに触れるのは時間の問題だろう。
私ができる事は、せめてその時を遅らせる為に、この国を神の目を逸らす事くらいだ。


しかし今、王は私の制止も聞かずにその扉を開けようとしている。


「シュウ君、ふすま開けちゃ駄目!」
「や!」
「ふ・た・り・と・も!!なーにやってるのっ!」
「あ、ママあのね、いま二人でお片付けしようと思ってたの」
「こんなに散らかして!あー壁に落書きしちゃ駄目って言ってるでしょ!シュウ君、めっ!」
「うー……ごめんなしゃい……うわぁぁぁぁん」
「泣いても駄目っ!」
「ママ怒らないでシュウ君まだ小さいんだから!」
「お兄ちゃんも甘やかさないのっ!」


私は駄目な軍師だ。
彼の笑顔を見たい一心でこの国を築いてきたというのに……。
結末は暴走すら止める事が出来ず、崩壊を予感しながらも傍観している事しかできなかった。
そして今は泣き崩れる彼を見守る事しかできない。

せめて共に泣き、この国の残骸を拾い集めよう。
それが私にできる唯一の贖罪なのだから。