※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

さあ踏め

「お前が最後か。ふん、忠誠心が聞いて呆れるわ」
投げ出されたように転がっている石像を見ていると
目の前の男が薄ら笑いを浮かべて吐き捨てるように言った
「お前の国では、王にその身が滅びるまで仕えるのが普通であると聞いていたが…」
ふんぞり返り、手にしたグラスをぐいと飲み干す姿
あのお方とは似ても似つかない、こんな王がいる国に負けたのかと思うと涙が出る
「所詮人間なんてそんなものだ。そうだろう?王の右腕と呼ばれていた者よ」
蔑むようなその目、その目で同じようにあのお方を見たのか
同じようにあのお方に話しかけたというのか
「なんだ?随分と反抗的な目だな」
合図を受けて男の横から出てきた兵士が、無言で俺の背中を打つ
何度打たれたか分からない、その生々しい傷痕の上に鞭が降り下ろされる
だが、痛みなどとうに感じなくなっていた
あのお方が、俺が唯一この身を捧げてお仕えしようと決めたお方が、もういない
一生涯を懸けて守り抜こうとしたあのお方は、この世からいなくなってしまったのだ
「忠誠心と我が身、お前の国の兵士たちが天秤にかけた結果がこれだ」
ふん、と鼻で笑いながら足元の石像に目をやる
足跡がいくつもついて、街の中心にあった時からは想像もできないような無惨な姿
「かつて仕えた国を忘れ、私に仕えると誓うなら、その命を助けてやろう」
男の顔が意地悪そうに歪んでいく
「さあ、踏め」

我が主よ、願わくばたった一度、命令に背くことをお許しください
生き延びろと私に告げてくださった、貴方の最期の命令は果たせそうにありません
私の最初で最後の我が儘を、どうかお許しください
この世でもあの世でも、貴方に巡り会えたなら何度でも、私はお仕えいたします

そう誓って俺は石像の右手の甲に、昔と同じように忠誠のキスを一つ、落とした