※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コスモスなど優しく吹けば死ねないよ

「君はコスモスのような人だ」

会うたび彼は俺に言う。
厳つい男だ。堅気とは思えないような顔をしているくせに、武骨なその手で花を愛でる。
そして同じ手で、まるで大切な宝であるかのように、俺の頬に触れるのだ。

「僕のかわいいコスモス」
「やめろよ」

そのたび俺はいたたまれない。
だって、男娼の俺にコスモスだなんて似合わない。
知らないと思ったのか。あんたが花屋だと聞いた時に、コスモスの花言葉なんてすぐ調べたさ。

「俺はコスモスじゃない」
「君はきれいだよ」
「どこが」

彼の言葉はまるで本心のような声音で、だからこそ泣きたいくらい信じられない。
ばかげている。
金で縁取られた時間と空間の内側で、吐き出されるのは熱だけでいい。

「あぁ、いっそ手折ってしまおうか。僕だけのものにならないのなら」

そうして欲しいと、切実に願う。
あんたになら殺されたって本望だ。

「愛しているよ」

やめて、そんな風に言わないで。
この醜い傷だらけの手首を、まるでやさしい風が吹くように愛撫されたら、そんなことをされたら俺は。

「僕の美しい花」

この薄汚い身体さえ失うのが惜しくて、死ねなくなるじゃないか。