※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

殺し愛

ずるり、と腕の中の体から力が抜け、そのまま地面へと崩れ落ちる。
ふう、とため息をつけば今補給した食事の鉄の味が口の中へと広がって、
なかなか甘美だと言えた。
そっとかがんで足元の体を持ち上げる。戯れに襲ったその青年は浅い息を立てていた。
今まで基本的に女を獲物としていたが、男も選べばなかなかのものだ。
しかし満ちる力とは別に、私はまるで凪の中で座るような気分だった。
何が不足か。そう仲間なら聞くだろう。なぜなら私もそうだった。
しかし今は違う。
一ヶ月。
たった一ヶ月で私は変わってしまった。
一ヶ月前の満月の日、あの夜あの場所あの時以来、いくら美女を捕まえれど、いくら
甘美な血を吸えど、私は満たされない。
それは遠大な戯れ。どんなに贅を尽くした晩餐、どんなに清らかな血、穢れた血よりも
甘美なもの。
銀色と青灰色と紅。それが私を支配して、ひとときたりとも離さない。
だからこの青年を襲った。私の屋敷でなく、そうとうに町中で、十分に目立つ、ここで。
とんだ迂闊。とんだ失敗。けれどそうしなければいけなかった。この時この場所。
この満月。すべてがすべて―――相応しい!
だん、と私の腕を掠めた銀の小剣が壁に突き刺さる。青年を置いてそれを避けながら、
体中の血が沸き立った。
来た。
来たのだ――彼が。私の運命が!
私の退路を立つように立つ彼に私は生み出した棘を投げる。しかしそれはあえなく弾かれた。
当然だろう。彼はそういうものなのだ。
「よう。二日ぶりだな、馬鹿野郎」
「そうだね。二日ぶりだよ、馬鹿な人」
くっ、と日憎げな笑いと共に青灰色の瞳が眇められる。それだけで私の体に痺れが走る。
ああ、早く触れたい。
その銀色の髪にこの体を絡め、その瞳に口付けて、その唇を奪いとり、首筋に口付けたい!
これは宿命。私が黒い羊膜に、彼が赤い羊膜に包まれて生まれた、その時からの抗いようもない運命なのだ。
彼が一歩踏み出す。本来神聖たる彼は、青年の体を躊躇いもせず軽く蹴って隅へ押しやった。
「全く。血を飲むなら俺からにしておけと言っただろう?」
「残酷な事を言うね。そんな事したら、僕は死んでしまうじゃないか」
「ほう――だが、一番これが、旨いんだろう? それにすぐ死ぬわけじゃない。少なくとも死ぬまで最高の美味を味わえるじゃないか」
くっ、と思わず口角が上がる。彼もそれに笑い返す。
なぜなら彼は分かっているのだ。私がそんな事をちっとも望みはしない事を。万一そんな条件を飲めば、彼は私を躊躇なく殺す。その血を私が味わう前に。
つまりはあえて言っただけのこと。ただのちょっとした戯れだ。
ああそうか、戯れということは、前戯でもあるのだろうか? だとすれば答えるほかあるまい。
「まあね。だからそうしてもいいのだけれど――」
手を取り出したナイフで切る。どろりと一瞬血が垂れてすぐ傷口は塞がった。その血を練って広げ、紅の小剣を作り出す。
彼の血は私にとってたまらなく甘美だ。それを拒む理由は一つ。そう、たった一つだった。
「そうしたら、君を殺せないだろう?」
ねえ、私の恋人よ。
彼はそれににやりと笑う。笑って―――長剣を抜く。
「そうだな――それには同意だ!」

――さあ、殺し合いを始めよう。
この戦いは終わらない。一ヶ月前から始まって、そして私か彼が屠られるまで、永遠に終わらない。
けれどそれがなんだというのか。
これは運命、これは宿命。だから殺す。殺される。それの何が悪いのか。
「愛してるぜ、俺の恋人!」
「愛しているよ、私の恋人!」
彼の胸に飛び込むように地を駆ければ、迎えるように剣を持つ手が差し伸べられる。
私は唇を吊り上げる。彼を殺せばこれ以上の快感か。それを考えるだけで何もかもがどうでも良い。
私はまさにどこまでも、これ以上なく満たされていた。