※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「19-149」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

19-149」の最新版変更点

追加された行はこの色になります。

削除された行はこの色になります。

 俺の方が好きだよ! 
 ---- 
 セフレだったはずだ。 
 次の恋までの繋ぎ、俺も、向こうも。それがいつからこうなったんだろう。 
 体をつなげた後の、なんとなく別れがたい気持ち。 
 ぐずぐずとベッドの上からバスルームへ、体を拭いて着替え、キッチンへ。 
 今までなら、奴はシャワーを浴びたら、脱ぎ捨てた服をまた身に付け、「じゃあな」と言ってドアの向こうへ消えた。 
 今はキッチンで俺と一緒に、食事の用意をしている。 
 和食党の奴に合わせて、米を炊いて、魚を焼き、大根のみそ汁を作る。 
 奴は時々俺の背後から抱きつき、顎を肩に乗せてただ黙って俺の手を覗き込んだりする。 
 これではまるで、恋人同士のようだ。俺は少なからず動揺する。 
 好きという気持ちがあるのかどうかすら覚束ないのに、背中の温かみに胸が締め付けられるような気がする。 
 「案外手つきいいな」 
 奴が感心したように、耳元で囁く。 
 「居酒屋バイトを舐めんなよ」 
 言った途端、耳を舐められ、肩をすくめる。背中を電流のようなものが走る。 
 「舐めちゃった」 
 「バカ、危ないって」 
 「なあ」 
 「なに」 
 「俺たち、ちゃんと付き合わねぇ?」 
 「好きでもないのに?」 
 「好きじゃないの?」 
 「……」 
 「俺が他の奴とこうやってる所想像してみろよ」 
 想像してみる。……胸がぎりっと痛む。 
 「な? 俺はお前が好きだよ。俺のこと好きだろう?」 
 「…うん」 
 「こっち向いて」 
 体の向きを変えたら、キスされた。そう言えば、初めてのキスかもしれない。胸が震えた。 
 そうか、好きってこう言う気持ちだったのか。痛いような、泣きたいような、苦しいような。 
 身体の繋がりの方が先だったけれど、こう言う恋の仕方もあるのだ。知らなかった。 
 それならば、たぶん、俺の方が好きの度合いが大きい。 
 奴の顔は嬉しそうに笑っていて、俺の視界は、落っこちそうな涙で歪んで見えるから。 
 ----   
-[[俺の方が好きだよ!>19-159-1]] 
+[[俺の方が好きだよ!>19-149-1]] 
 ----