※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「三国志大戦あるいは同人をご存じない方へ」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

三国志大戦あるいは同人をご存じない方へ」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

-**同人とは
-
-簡単に説明すると自分で描いたオリジナル創作物や
-パロディなどの二次創作物を漫画、小説などを
-書籍形態やWeb上で表現し発表するなどの活動を指す言葉である
-現在定義の幅が広くなっているので一概には言えないが
-ほとんどの同人作家はアマチュアである
-
-二次創作の場合の著作権の有無については
-以下のように認識するのが一般的な見解とされている
-
-「二次著作物」と認められる場合の見解
-「二次著作物の著作者としての全ての権利は私にあります」
-と主張そのものはできる
-
-これには、原著作物の許諾の有無は関係がなく、
-日本国の法では現在は無許諾で作られたものでも
-第三者にたいして著作権を主張できるからである
-しかしながらひとつ、大きな問題があり
-「複製物」と判断される場合には、著作権はない
-既存の著作物に新たな創作性を加えて作成されたものを二次著作物といい
-この「新たな創作性の有無」というのは、
-個々の事例において裁判所が判断すること
-
-と現在の日本の法律では認識されているようである
-
-※海外ファンサイト事情さま 管理人 水沢晶氏 より引用
-http://www.yuzuriha.sakura.ne.jp/~akikan/kaigai/
-
-さらには、著作権が親告罪、つまり権利を持っている側から
-起訴されなければ罪にはならないという点から
-二次創作活動を取り扱う同人活動はグレ-ゾーンと言われており
-執筆している人たちはファン活動といわれる常識的範囲内から逸脱し
-版元から訴えられ活動できなくなることを警戒しているというのが
-現在の大まかな状況である
-
-さらに詳しいことは下記リンクからの
-同人活動を紹介されているサイト様をご参照ください
-
-同人 - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8C%E4%BA%BA
-◆同人初心者ガイド◆ http://doujin-portal.com/msyo/
-著作権について http://orange.myu.daa.jp/?eid=249991
-同人活動と著作権 http://human-dust.kdn.gr.jp/doujin/doujin2000/mondai_tyosaku.html
-
-**同人活動関連事項
-
-同人誌印刷業組合より成人向け本の頒布ガイドラインが出されました
-http://www.doujin.gr.jp/news/news_070705.html
-「同人誌と表現を考えるシンポジウム」
-http://sokubaikairenrakukai.com/news070315.html
-青少年有害環境対策基本法案(全文)
-http://www.doujin.gr.jp/law.html
-
-**三国志大戦とは
-
-三国志大戦 - Wikipediaをご参照ください
-http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%9B%BD%E5%BF%97%E5%A4%A7%E6%88%A6
-
-**三国志大戦の同人活動についての危険性とは
-
-このゲームの特徴であるトレーディングカード(武将カード)には
-有名、人気作家などのイラストが使われており
-この部分を改変し個人で楽しむいう
-オリジナルカードの作成、使用が広まっている
-しかしオリジナルカードは元の武将カードを、非常に似せて作られる場合が多い
-(コラや公式枠をそのまま雛型化(模写も含めて)という手法がとられているなど)
-個人で楽しむ分には問題ないが同人活動で取り扱うとなると多くの問題がある
-
-オークションなどで高価で取り引きされて目立ちやすいこと
-(金銭面が大きく絡むと利潤などへの侵害等で版元から訴えられる危険性が高まる)
-またカード一枚一枚のサイズが小さく目立つ物ではないため
-元の画像を使用しているかどうかを見極めることが困難などが上げられる
-
-上記で記載したように二次創作はグレーゾーンの活動であり
-訴えられたら当然罪になり、訴えられないだけで犯罪と
-言われても仕方のないという面が存在する
-
-オリカの存在は広まっており明らかに著作権侵害なオリカを
-排除することが難しいのが現状である
-したがって、オンリーイベントなどでは主催側が何らかの手段で
-対策を講じていない場合、イベントなどで取り扱うことは
-非常に危険であるという点を留意すべきだと思われる
-
-もし訴えられればカード製作者のみならずイベント主催側、参加者、
-そして同人活動全体に影響が及ぶ可能性が大いにある
-
-**三国志大戦にLEカードで登場している横/山/光/輝/氏に関するガイドライン
-
-同人板三国志大戦同人2スレッド内より転載
-914 名前:大戦 ◆W4C8ZOzEv. 投稿日:2007/06/08(金) 11:27:14 CU8oZBQl0 
-光/プ/ロとして明確なガイドラインをだしているわけではないよ。 
-だから「ルール」はいいすぎだったかもしれん、すまん。 
-一応、光/プ/ロと594同人についての説明をしておくよ。 
-
-昨年の暮れに横/光/三/国/志の最大手(絵柄模写・健全ギャグ)が 
-光/プ/ロから警告をうけてるんだ。 
-今後、そのサークルが横/光キャラを扱う同人誌を発行する場合、 
-必ず光/プ/ロに原稿を提出し、許可を受けるということで和解はしている。 
-だけどそのサークルは横/光同人からは撤退した。 
-というか、普通の人なら無理だと思う。 
-
-594者の間では、最大手は絵柄を模写していたとはいえ、 
-健全ギャグだから、この程度で警告で済んだんじゃないか? 
-横/光同人は自粛傾向、やるなら慎重にという動きになってる。
-
-・現在ソースを募集中です
+-