第一章第三話目「登録したのが運の尽き」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第一章三話目「登録したのが運の尽き」
~一階 新人の間前~
マリオ「ココで間違い無いよな・・・」
ルイージ「兄さん・・・見てよ中・・・」
マリオ「どれどれ・・・何だとッ!?」
中には三千人程いた
∞「ほとんどの奴等が強くなりたいから来たんだぜ?」
マリオ「(ビクッ!?)いたんだ!?」
∞「あたぼうよぅ!! ほら中に入れよ」
~新入りの間~
∞「まあこんなに来たのが
珍しく無いと言うのが本音だけど・・・
自己紹介とか無いからあとキノコワールドからスターが来てるマリオと緑だ」
マリオ「どうも~」
ルイージ「(緑って・・・)」
???「マリオだって!?」
???「マリオいたのかよ!?」
マリオ「お前らは・・・ランペルとカジオー!!?何でココに!?」
カジオー「俺は「人の敷地に入るな」と・・・」
ランペル「ボクは「お前軍団に入れ」って・・・」
マリオ「(ランペルは見込まれた訳ね・・・)」
∞「では面接官の四人登場~」
???「んン~♪今度は誰が来てるのかナ~♪」
???「部下増えすぎだろ・・・」
???「だけどこれで部下いじりも楽しくなったぜぇ?」
∞「紹介する!!∞四天王のアシュラだ!!」
アシュラ「宜しく」
∞「同じく∞四天王のディコディコだ」
ディコ「夜路死苦~♪」
∞「そしてNEW∞四天王の・・・DEXディメーン!!」
Dデ「宜しク~♪」
マリブラ「何だってッ~~!?」
第四話に続く・・・