痛い。痛い痛い痛い。
柔らかい肉の中を硬い肉が穿つ。白い内腿を一筋、赤い色が伝った。
繰り返し繰り返し、身を裂かれる。
身を捩って逃げ出そうともがいても、両手をベッドに縛り付ける紐がギシリと鳴るだけだった。
「いっ…痛いっ、もうやだ…もうやめてぇ……金蔵…っ」
金の髪を振り乱してベアトリーチェが叫ぶ。
苦痛に涙をこぼす魔女を、金蔵が嗜虐の悦びに歪んだ笑いで見下ろした。
「家具でありながら主に命令するか。ははっ、面白い!」
許しを請うほどに強く激しく身を裂かれ、ベアトリーチェは声を上げ続けた。
内側から体をこじ開けられる。痛い。苦しい。
こんな男の召還になど、応じなければ良かった。こんなことになるなんて。
「ベアトリーチェ、お前の主は誰だ?」
顔を寄せて、耳元で金蔵が問いかける。
痛みに朦朧としながら、ベアトリーチェは首を振った。
答えたくない。答えれば認めてしまう。現実になってしまう。認めたくない。
「さあ、言うがいい。…認めるがいい。お前は誰の持ち物だ?」
口元を楽しげに歪めながら、金蔵は金の髪をそっと撫でた。
嗜虐的な言葉や表情に似合わない、優しい手つきだった。
なんて歪んだ愛だろう。歪んでいても、これは確かに愛だった。…逃げられない。
ベアトリーチェは震える唇を開いた。
「…妾は、そなたの物だ」
くくっと金蔵が喉を鳴らして笑った。
右代宮家の若き当主が、黄金の魔女を手中にした瞬間だった。



  • おぅぅい! 金蔵! -- 紗夏 (2010-04-05 15:09:14)
  • あのさぁ・・・ -- アカサハラヤマタニタマヤラハサカア (2012-09-18 00:34:59)
  • あのさぁ・・・ -- アカサハラヤマタニタマヤラハサカア (2012-09-18 00:35:09)
名前:
コメント:

|