本日の戦人様、お目覚めの一言。

「ってウギャアアアアア!!」
目前には、敵対している筈の魔女ベアトリーチェ。まあ、驚くのは無理はないか。
けど、原因はそれだけじゃなかった。

「なんだそのリアクションは。折角妾がステキバレンタインを演出してやろうとしたってのに」
そのお姿は、っぷっくく、形容しがたいものでした。
魔女が纏うのはドレスではなくて、甘ったるいチョコレート。そりゃあ叫びたくもなるってもの。
……キムチが欲しいわね。

「いや、バレ、え?……こ、この痴女!!」
「ふん。その程度の文句しか出てこぬとは……情けない。まあ、良い。とにかく食え」
そんなことを仰りながら、お嬢様は戦人様にチョコレートを勧めています。
というか、押し込んでるわね。あ、口移しもしてる。

「ぬぐっ!?ん、あま、やめ、うむっ」
無駄な抵抗は見てて心を抉りますねぇ……ぷくくくー。
ふぁいとーおー……ま、適当に頑張んなさい。

さてさて、どうやらお嬢様からのプレゼントはひと段落着いたようですね。
「ぷは……はーっ。てんめぇ、食うとか無理だろうが!ズンドコ押し付けてきやがって!」
「ふぅむ。何だ、随分甘ったるいコーディネイトだなぁ、戦人」
戦人の白いスーツも、顔も、唇も。チョコレートでべったべた。
確かに微妙ね。

「誰のせいだよ、誰の!」
「む。ならば、妾が責任持って喰ってやろう」
「は?……っひ!?」

お嬢様は、戦人様の首筋に垂れたチョコレートを舌で掬い上げます。

「うむ、甘いの」
「な。何しや……ふぁあ!」
「ふふ、そなたは感じやすいのぉ……ほれ、こっちにも付いておるぞ~?」
「やめ、あ、っや……ひゃあうっ」

ああ、さすがお嬢様。戦人様の弱点を的確に攻めていらっしゃる。
ほんっと、戦人は弱いわね。

「ククク、小娘のように啼きおって……まだまだたっぷり残っておるからな。しっかり最後まで責任を取ってやろうぞ」
「あ、ああ……あがあぁッ……」

絹を裂くような野太い悲鳴は、魔女たちにとっては頬が落ちるほど甘いスウィーツ。
誰も逃れられない。……くすくすくす。

ナレーションは私、ロノウェと、解説・ベルンカステル卿とでお送りいたしました。
続きはホワイトデーでね……ふふふっ。



一方、どこかの時代の、どこだかにある空の下。
「お嬢、鼻血出てますよー。チョコの食べすぎですかー?」
そんなふざけた声に一睨みをくれてやったが、男は腑抜けた笑いを返すだけだった。
彼は懐からポケットティッシュを取り出すと、鼻から垂れた血を拭った。

「違う。あとおせっかいしないで」
「そうですか?昨日貰ったヤツは甘くて美味しかったから、食べ過ぎたのかなと思ったんですけど」
その言葉に、少女の頬が僅かに赤らんだ。

「違う!……あれ、あんまり作れなかったんだから……」
「お、なら独り占めですかい?嬉しいなぁ」

「違う……違わないけど……知らない、バカ」
若い二人は、なんだかんだで仲良しだった。

だけど、少女のやっぱり受けだわ……という呟きは、隣の男にも届かず、どこかへ消えていたとさ。

-


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


|