※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

前回?


「ぅっぐ……が、あがぁ……」
「姉さん、何それ。あひるみたぁい」

にたにたと嗤う女。神経が逆立つ。

「……れ、だ、まんな……っがぁあ!!」
こちらの意思とは無関係に、下半身が揺さぶられた。
外と中から、耐え難い衝動が降りかかってくる。

「うふふ。ね、『みにくいあひるの子』って知ってる?」
この女と私は、状況だけなら同じなのに。
そのくせ、それを楽しんでいる。
それが、エヴァ・ベアトリーチェを袋小路に追い詰めていた。

「は……ッ。あ?何い……っぐ、くあっ」
「やぁね。童話よどーうーわぁー。あれって、嘘よねぇ。醜いアヒルが成長したら綺麗な白鳥なんて」
ふらりと、楼座がエヴァへ歩み寄る。
無意識に後ずさろうとして、できなくて。
睨みつけるのが精々だった。

「ねぇ?醜くてみすぼらしい子は、ずっとずーぅっと醜いまま。大きくなっても、ずっとよ」
楼座の白い手が、魔女の小さな体躯を撫で回す。

「でも、姉さんは違うわね。今だってこんなに綺麗な肌。っくひひ、落書きしたくなっちゃうかも」
張り付いた笑みは、すでに仮面と化していた。
楼座の考えが、少しも外へ出てこない。

「姉さん、覚えてるぅ?昔、私のことペチャパイだのぺたんこだの言ってたわよねぇ」
「わ、たし……絵羽、じゃな……んぁあっ」
「ふふ……姉さんのおっぱい、今は小さいくせに、乳首こんなにしちゃってぇ……」
「ひっぐ、あ、っやぁ!」
隆起したそこに、楼座は歯を突き立てる。
執拗に責め立てれば、彼女の唇に、紅が引かれた。
「あ、血……。ま、いいよね。これくらい」
涎と垂れ流されたそれに、エヴァは釘付けだった。

だから、気付けない。お馬鹿さん。

「あらあら姉妹仲が良くて結構なことねぇ」
「どなたかしら」
「あ……あ、ラムダ、デルタ……卿っ」
現れた魔女は、エヴァに目もくれず楼座に視線を向けた。

「くすくす、さっすがマリア卿の御母堂ね。ベアトリーチェをその魔性だけで支配下に置いちゃうとはねぇ」
「マリア?私の真里亞を知ってるの!?」
娘の名に、楼座の目の色が変わった。

「えぇ。何なら引き合わせてあげましょうか?面白い見世物の礼代わりよ」
「……はい、会わせて下さい!!」
幼い魔女に連れられ、楼座は出て行った。
後に残ったのは、堕ちた魔女・ベアトリーチェ。

-


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

|