※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世界観

  • 冒険が繰り広げられる世界の地形・世界の成り立ち


世界の謎は謎のまま・・・(決定稿)



  • 時代イメージは中世ヨーロッパ。
  • 世界は浮遊大陸の上にある。
  • 世界には5ヶ国ある。※
  • 浮遊大陸は古代文明のテクノロジーで、理屈はわからないがなぜか浮いている。
  • 浮遊大陸生まれの人間は、浮いているのが当たり前と思っている。
  • 浮遊大陸の下には、広大な雲海が広がっている。
  • 雲海の下に何があるのかは、わからない。
  • 浮遊大陸上は、地上とほぼ変わらない気温に保たれている。
  • 浮遊大陸上では、雨が降る。
  • 無数の浮遊大陸があり、その間を飛空挺かワイバーンで行き来している。
  • 世界で活用しているエネルギーの大部分は「魔力」。
  • 共和国の中心に「科学」も発展し始めている。

※1つの浮遊大陸に5ヶ国あるのか、
※複数の浮遊大陸にそれぞれ国があるのかは未定。


世界の名前


現在あがっているもの
  • エクスネミア
  • エクステリア














採用されなかったアイデア倉庫


ファンタジー案

※ファンタジーは「魔法の力で」と説明すれば、
※難しい物理理論を考察しなくても済むことが利点。


天使と悪魔の大戦後、死の世界から人類を救おうと、
天使が5人の魔王を大地に封じ、
その体から出る魔力を利用し大陸を浮かべ、箱舟にした。

雲海の下は滅んだ世界。

古代文明人が世界滅亡に際し(1万年前)、その高度な技術を使い、
異次元を旅する浮遊大陸を建造。

魔法の根源であるマナを生み出す魔物を家畜化していたが、
反乱が起きて人類は浮遊大陸へ脱出。

破壊神を復活させたことで古代文明は滅びる。現在はその1万年後の世界。
古代文明が浮遊大陸を建造したが、愚王が魔力を使い果たし大陸落下。
わずかな浮き島が残ったが、現在では所在不明(つまり物語の世界は地上)

風に不思議な力が宿る世界。
人の祈り、魂の叫びといった「力」が篭った風により大陸が浮かんでいる。
世界は魂の吹き溜まり。彼岸。この世に未練を残す人が、
あの世に行かずに彷徨っている。

別に普通の地上世界でよくね?



SF案

※SFは完璧に物理法則に則ったものでなくてもかまわない。
※「本物っぽい理論」で説明できればいい。
※理論構築が難しい反面、マニアを唸らせるほどの設定を考えた場合、
※その魅力はファンタジーの比ではない。


世界は巨大な宇宙船(もしくはスペースコロニー)の内部にある。

サイズはユーラシア大陸クラス。

コロニーの形態は、球形もしくは円筒形。

コロニーが回転する遠心力で重力を生む。

球形の場合、赤道上が最も重力が強く、回転軸に近づくほど無重力に近づく。

円筒形の場合、内壁には等しく重力が働く。

円筒形コロニーは3つのブロックの分かれて、
それぞれ人間・神族・魔族の世界が広がっている。

コロニーの内壁は多重構造になっていて、地下の世界がある。

コロニーの中心部分の空間は無重力のため、大陸が浮遊している。※

コロニーの内壁には透明部分があり、そこから日光を取り入れている。

コロニーの中心には、擬似太陽が浮かんでいる。

※この場合、浮遊大陸上は無重力となってしまうため、
大地の方向へ重力を働かせる法則(理論)が必要。
(例:重力発生装置が大陸の大地に埋まっている)

大陸は高出力ジェット噴射で浮いている。
・・・が、この大陸という大質量を浮き上がらせるほどの噴射によって
大気圧が爆発的に増大。超異常気象をきたし、世界が滅んでしまった。



縮退物質と負の質量を持つ物質による、重力発生と大陸浮遊理論
(説明が難しいので原文を掲載)


230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 20:13:42 ID:shCik9GO0

重力→中性子星の中心核に匹敵する密度の
(つまりブラックホールよりちょっと軽いぐらい)
縮退物質が生み出す重力をそのまま人工重力として利用します。
(密度が高いほど重力は増大)

予備として、重力の媒介であるグラヴィトン(重力子)を
ある程度自由に出来る技術が あったということにする案も一応。

大陸ごとの浮力→真空の一次相転移から得られるエネルギーの値を
無限だと仮定して、
(量子力学によれば、真空中は何も無い空間ではなく
 粒子の対発生と対消滅が絶えず繰り返される賑やかな場所)
構造体のどこかに設置してある
『真空炉(真空エネルギーを取り出す)』から供給されるエネルギーによって、
浮遊大陸の地下に必ず残っている浮力発生機関(これの周辺しか残らない) の
中枢である高密度の負質量球を維持することで
浮遊大陸は一応の安定を得ています。

負の質量をもつ物質は正質量の物質と接近すると、
引力と斥力が同一方向に向くので
その「反作用なしで定方向へ働く力」を浮力として利用しているわけです。

本来は負質量物質の存在を維持するために
必要なエネルギーは莫大でとても実現不可能な技術ですが
無限のエネルギー源があればどんなに大きい「有限の」エネルギー消費も
問題になりませんので。

真空炉から各浮揚機関へのエネルギー供給法は
古典的なマイクロウェーブか量子テレポーテーション、
あるいは魔法など未知の技術によるものなど。




極論派

  • 設定フリー シチュエーションだけ共有して、理論は各個人で考えればよい。
|