※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

歴史

※暫定案

古代


30~100人規模の小さな集落をまとめ国家が形成される。
まだ主な産業は農業であり、金属製の武器などは貴重品。
部族間での戦闘においては
弓矢や皮製の鎧、石槍、落とし穴などのトラップを使う。
魔法を扱う者も存在し、彼らの起こす奇跡に信奉者が集い
宗教の起こりのようなものもある。



中世


階級制が敷かれ、
奴隷(亜人)や他国民を労働力に使い国家が発展する。
この頃に建築技術が発達し、戦闘用の城・砦が建てられたり
大陸間に橋が架けられる。
鉄を使った武具も普及。
魔法研究も進み強力な魔法使いが何人も生まれる。



近世


権力を持っていた貴族や教会の力が弱まり、
中世期よりも更に研究された魔法の原理が一般国民にも伝わる。
魔法の素質のないものにも簡単に扱える様、
魔力を込めた道具が開発。
様々な産業が発展し、それに牽引される形で
商取引が活性、国家・大陸間の交流も深まる
|