倉庫

めくるめくネタの倉庫
ネタバレもあるので気をつけるように

 ───アタシの名前はヒマリ。背中にイシを持った21歳。モテカワスリムで攻撃特化の原住民♪
アタシがつるんでる友達はネグラで店をやってるアーロン、住人にナイショで
カワードをやってるレーラリラ。訳あって仲間の一員になってる三人目。
 カワードがいてもやっぱりネグラはタイクツ。今日もレーラリラとちょっとしたことで戦闘になった。
女のコ同士だとこんなこともあるから熟練度が上がるよね☆そんな時アタシは三人で空想の果てを歩くことにしている。
がんばった自分へのご褒美ってやつ?予定調和の最終決戦とも言うかな!
 「あームカツク」・・。クビキリをしながらしつこいレジスタンスを軽くあしらう。
「!」どいつもこいつも同じような技しか出さない。
コンフリクトは楽に狩れるけどなんか稼ぎが少なくてキライだ。もっと高値で売れて欲しい。
 「第一章 『塔』」・・・またか、と完全無欠の主人公なアタシは思った。足払いするつもりだったけど、
チラっと相手の本を見た。
「・・!!」
 ・・・チガウ・・・今までの敵とはなにかが決定的に違う。無駄にオッドアイな感覚がアタシのカラダを
駆け巡った・・。「・・(ヒマリビーム・・!!・・これって後付設定・・?)」
本は魔王物語だった。エターナルターンで死の伏線を喰らった。「キャーやめて!」伏線回収された。
「ガッシ!ボカッ!」アタシは死んだ。パーツ(笑)

元ネタ>>やったー携帯小説できたよー(^o^)ノ

アーロンアーロン
こんばちはレーラリラさん。
アーロンアーロンです。

……どうも200金が効き過ぎたようです。
カワードを嵌めると言うは本当に難しい。

この責任の一端は私にも有るでしょうし、
何かしら責任を果たさないといけないでしょう。

とりあえず演技の仕方はぎりぎり及第点。
もし本気でカワードをしたいのなら私が教える、と言うのも有りでしょう。

かつてアイリッツの盗みの論理を指摘し、
島での落し物を売る事で矯正した私が。

もし盗みレベルでアイリッツ並か、
それ以上になる気が有るのなら教えましょう。
その代わり私は暴力禁止ですけれど。

教わりたいと言う旨のイシを貴女から届き次第、
時間を割き物語とか考えて川に流します。

双子の姉や家族の為、
短期間で復帰したいのなら検討してみてください。

端から見て胡散臭いのも確かなので無視しても一向に構いません。
私も余り暇ではありませんし。

元ネタ>>矯正してあげてもいい

21才の頃カッコいいと思って
後付設定を食らったわけでもないのに、突然無駄にオッドアイになって
「っぐわ!・・・くそ!・・・また暴れだしやがった・・・」とか言いながら息を荒げて
「ヒマリビーム!」なんてやってた
ルドルフに「何してんの?」と聞かれると
「っふ・・・・イシ(自分で作った設定で人間の背中に寄生する存在)を持たぬ物にはわからんだろう・・・」
と言いながら人気の無いところに消えていく

アーロンと戦闘中に背中を痛そうに押さえ相手に
「が・・・あ・・・離れろ・・・死にたくなかったら早く私から離れろ!!」
とかもやった。ハロルドも私がどういう住人か知ってたらしくその勝負はノーコンテストで終了
毎日こんな感じだった

でもやっぱりそんな完全無欠の主人公だと魔王物語に
「ヒマリビーム見せろよ!ヒマリビーム!」とか言われても
「・・・ふん・・・小うるさい奴だ・・・失せな」とか言って魔王物語逆上させて
死の伏線食らったりしてた。そういう時は何時も背中を痛がる動作で
「貴様・・・許さん・・・」って一瞬アレスが取り付いたふりして
「っは・・・し、静まれ・・・私のイシよ・・・怒りを静めろ!!」と言って運命の打破で回復してた

そうやって時間稼ぎして戦闘が終わるのを待った
運命の打破が間に合う時ならともかく、エターナルターン中に伏線回収されると悪夢だった

元ネタ>>邪気眼

いりす症候群の結末について(3)

さて私の想像する結末について述べよう。
『いりす症候群』の終章には、いりすが登場し、
一章から三章まで活躍した大学生たち、
すなわち、うーじ、あげは、えどの3人を、
無残に、理不尽に、突然に、虐殺する。
これが私の想像する結末である。
根拠は、ある。
それは、学校で起こった『兎』事件である。
『兎』を金網の猫に渡したのは恐らく、運命の人、馬鹿、泥棒猫の三人だったのだ
そしてその『兎』は、もともと入巣京子のものだったのではないか。
飼育箱で暮らしていた入巣京子が大事に育てていた『兎』を、
件の三人が奪っていったのではないか。
こう考えると全てのつじつまがあう。
つまり入巣京子が『いりす症候群』を手がけた理由はひとつ、
復讐である。
入巣京子は3人を憎み、旅行の中で復讐しようと考えた。
まず始めに彼らの仲の良さを念入り描く。
それは紛れも無い友情譚である。
そして最後に、作者の分身であるいりすを登場させ
突然に大学生たちを虐殺しようとした。
入巣京子は旅行の中で復讐を果たそうとしたのである。
しかし入巣京子がノートの執筆途中で考え直したため、
『いりす症候群』は、友情譚として世に残されてしまったのだ。

元ネタ>>魔王物語物語

「んじゃ、この猫」
「ほんとに ってくよ」
「いいって言ってるだろ」
「さっさと ってけよ」
「猫の絵、描いてたんじゃないの?」
「気がかわったところだ」
「そうなんだ」
「じゃ、遠慮なく します」
「大切にするよ」
「ああ」
「じゃ、また来るから」
「来なくていい」

元ネタ>>魔王物語物語

ヒマリ「もう先に進むのか?」
黄イシ「そりゃそうですよ。さっさと物語りに終焉させないと。」
ヒマリ「えー。もうちょっとゆっくりしていこうぜ。別に競争相手がいる訳でも無いし。」
黄イシ「なにバカな事を言ってるんですか。ライバルなんていくらでもいますよ。」
ヒマリ「え?だって主人公は物語に一人だろ?」
黄イシ「主人公は物語に一人。おっしゃる通りです。でも「仮主人公」なら物語に何十人といます。」
ヒマリ「仮主人公?」
黄イシ「ええ。今頃島中では沢山の主人公が生まれているはずです。
    ある英雄の子供が英雄にどこかに捨てられ。
    幼馴染と分断された女の子が英雄を倒す為に旅立ち。
    ある隠れ家では悪を悪で制する為に悪人になる覚悟をし。
    ある場所では「お前は生来の盲目ではない」と言い残し相棒が息絶え…
    ある木の内部では、三人目の者が目覚め「ここは…俺は一体…?」とつぶやいていることでしょう。」
ヒマリ「はあ…」
黄イシ「でも、その人たちは皆「仮主人公」です。その中で、物語に決着をつけた者だけが本当の主人公になれるんですよ。
    ヒマリさんだって「仮主人公」一人です。」
ヒマリ「そうだったのか…こりゃうかうかしてられんな。」

元ネタ>>勇者の憂鬱